トラフグの養殖試験を行っている旧「はちのへゆーゆらんど新八温泉」の配管室。約110匹を飼育している=昨年12月28日、八戸市
旧新八温泉で養殖試験中のトラフグ

 青森県八戸市の東北医療福祉事業協同組合(SGグループ)と弘前大学地域戦略研究所(青森市)が、2020年に閉館した旧「はちのへゆーゆらんど新八温泉」(八戸市)でトラフグの陸上養殖試験を行っていることが7日分かった。同大が17年度から行ってきた温泉を活用したトラフグ養殖研究を発展させ、事業化の可能性を探る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。