弘前オペラが熱演した「魔笛」の一幕

 団体創立50年を迎えた弘前オペラがこのほど、青森県弘前市の岩木文化センター「あそべーる」で2年ぶりの定期公演を行った。同オペラで37年間、指揮を務めた虎谷順一さん=享年(71)=が昨年の夏に亡くなり、新たな指揮者で臨むなど、さまざまな意味で節目となった本公演。自身もキャストとして舞台に上がった須郷祐一会長(58)は「ライブでなければ味わえない(観客との)一体感があった。虎谷さんがいなくて不安もあったが、まだまだやっていける」と話した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。