結納の際に使われた角樽や、三三九度用の酒器など「酒」に関するさまざまな資料を展示しているコレクション展
砂倉酒造店で醸造された日本酒のラベル

 八戸市南郷歴史民俗資料館(竹洞一則館長)は、収蔵している多種多様な資料を順次紹介する「コレクション展」を新たに始めた。初回のテーマは「酒」。南郷島守地区にかつてあった酒蔵にまつわる資料や酒器など約150点を展示している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から