消毒ポイント廃止に伴い、「終了」の表示をする県職員=5日午前0時すぎ、三戸町斗川支所前

 青森県三戸町の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザを巡り、新たに感染を疑う異常が確認されなかったことから、県などによる一連の防疫対策は5日午前0時に終了した。4週間足らずでの収束に地元関係者は胸をなで下ろしつつ、さらに警戒を続ける意向を示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から