新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への感染事例が青森県内で初めて確認されたことを受け、県内の専門家は、今後感染が拡大する可能性に言及。手洗いや換気など、基本的な感染対策の徹底を県民に呼び掛ける。

 「今後、県内でオミクロン株が拡大する可能性は高い。ワクチン接種による抗体が低下している時期に拡大するのであれば状況は厳しい」。県立中央病院(青森市)感染管理室長の北澤淳一医師は危機感を表す。

 同株は、重症化率が低いとも言われるが、北澤医師は「割合が小さくても、患者の絶対数が多いとそれだけ重症者は増える」と指摘。手指消毒、マスク着用など基本的な対策の必要性を訴える。

 県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師も、「今回は米軍基地内からの感染とみられるが、今後、市中感染が現実に起こる可能性は高いと思う」と説明。東京や大阪など都市圏の感染拡大ペースに加え、年末年始における人の移動の影響を注視する考えを示す。

 その上で、ワクチン接種を含む対策はもちろん、公共の場や企業など人の出入りが多い場所に対しては「『3密』には当然注意しないといけないが、換気徹底が非常に大事。原点に立ち返って対策をしっかりやってほしい」と提言した。