マチニワにあるストリートピアノで演奏する子ども=昨年12月24日、八戸市
昨年12月のクリスマス期間、アスパム1階に置かれたストリートピアノ。現在は別の場所に移動させて利用を休止している

 公共施設などに置かれ自由に弾くことができる「ストリートピアノ」を楽しむ人が、青森県内でも増えている。八戸市、弘前市などに設置されている施設では、思い思いに曲を奏でる通行人の姿が毎日のように見られ、各施設の関係者は「にぎわいが生まれた」などと評価する。一方、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、ピアノ設置後に利用を止めた施設もある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。