ワイン用ブドウ「シャルドネ」の苗木の成長を見守る服部さん=2021年11月上旬、十和田市奥瀬下川目

 青森県十和田市のNPO法人に勤める服部圭さん(41)=八戸市在住=が十和田市内でワイン用ブドウの栽培を2019年春に始めてから、3年目の冬が来た。ワイン用ブドウの大規模栽培例がみられない十和田で試行錯誤を繰り返し、苗木は着実に成長した。23年秋の収穫を見据え、ワイン製造施設の建設計画も進む。十和田産ワインの夢、いままさに熟成中-。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。