【阪南大高-青森山田】後半、チーム2点目のゴールを決める青森山田・丸山(共同)
後半、競り合う青森山田・丸山(左)と阪南大高・保田=駒沢(共同)

 サッカーの全国高校選手権第4日は2日、東京・駒沢陸上競技場などで3回戦が行われ、3大会ぶりの優勝を狙う青森山田は3-1で阪南大高(大阪)に快勝し、4大会連続で8強入りした。前半15分にオウンゴールで先制点をものにすると、後半開始早々にコーナーキックからDF丸山がヘディングを決めて追加点。同12分には中盤でボールを奪って中央突破し、最後はFW名須川の2試合連続ゴールで突き放した。1点は失ったものの、攻撃力に定評のある阪南大高の猛攻を退けた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から