津軽鉄道で運行されている恒例のお正月列車
車内には今年の干支にちなんで虎の絵が飾られている

 青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道で恒例の「お正月列車」が運行されている。しめ飾りや紅白幕といった縁起物のほか、今回は新年の干支(えと)「寅(とら)」にちなんだ絵や置物などが車内を彩る。運行は10日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から