「四季草花障子」の中のアジサイを制作する秋田さん。花びら一枚一枚まで実際のステンドグラスを忠実に再現=2021年12月
詩夢庵にある「四季草花障子」

 青森県五所川原市でキルト教室を主宰する秋田景子さんが、中泊町の旧家「宮越家」にある大正期のステンドグラス「四季草花障子」の原寸大キルトの制作を進めている。今月15日に中泊町博物館で始まる企画展に、目玉作品として出品する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から