青森市の善知鳥神社の拝殿で手を合わせる初詣客=1日正午ごろ
弘前市の弘前八幡宮にお参りする参拝客=1日午前9時半ごろ

 新年を迎えた1日、青森県内各地の寺社には、多くの参拝客が初詣に訪れた。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていることもあって、昨年と比べて人出は多め。「健康第一に」「明るく前向きに」。厳しい冷え込みの中、それぞれが平穏な日常が戻ることを願い、手を合わせた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。