鶴田八幡宮の鳥居に取り付けられた元町弥生会の弥生画=31日、鶴田町
子どもたちが制作した山道町内会の弥生画=30日、鶴田町

 穀物の種子を板に貼り付けて描く「弥生画」を制作する青森県鶴田町内の2団体は30、31日、完成した作品を地域の神社に奉納した。関係者は来年の干支(えと)「寅(とら)」を題材にした弥生画に、新型コロナウイルス収束や五穀豊穣(ほうじょう)の願いを込めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から