【男子シングルス決勝】プレーする奈良岡功大=武蔵野の森総合スポーツプラザ(共同)

 バドミントンの全日本総合選手権最終日は30日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで各種目の決勝が行われ、シングルス男子の奈良岡功大(浪岡高出、IMG)は田中湧士(日大)に1-2の逆転負けを喫し、優勝を逃した。女子で東京五輪代表の奥原希望(太陽ホールディングス)は水井ひらり(NTT東日本)にストレート勝ちし、3年連続5度目の優勝を果たした。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から