帰省客らで混み合う新幹線ホーム=29日午後0時40分ごろ、青森市の新青森駅

 年末年始を古里で過ごす人たちの帰省ラッシュがピークを迎えた。新型コロナウイルス感染症の影響で人影がまばらだった昨年とは打って変わり、JR新青森駅では29日、大きな荷物を抱えた大勢の帰省客らが慌ただしくホームに降り立ち、親しい人たちに駆け寄る光景が見られた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。