消毒ポイントの運営終了を受け、資機材を撤去する県職員ら=29日午後4時すぎ、田子町関

 青森県三戸町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、県は29日、同養鶏場から半径3~10キロ圏内の25農場にかけていた鳥や卵の搬出制限を同日午後4時に解除した。半径3キロ圏内にある町内の1農場で検査を行った結果、新たな感染が確認されなかったため。今後も異常がなければ、来年1月5日午前0時にこの農場に対する鳥や卵の移動制限も解除し、今回の鳥インフルは収束となる見通し。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。