威勢のよい掛け声とともに次々にリンゴが競り落とされた弘果弘前中央青果の止め市=28日午前8時20分ごろ、弘前市
高値でリンゴが競り落とされた津軽りんご市場の止め市=28日午前8時20分ごろ、板柳町

 青森県弘前市の弘果弘前中央青果と板柳町の津軽りんご市場は28日朝、2021年のリンゴの取引を締めくくる止め市を行った。21年産は夏の少雨で小玉傾向だったものの食味は良く、低温や降霜の被害で他県産が品薄となったために青森県産の引き合いが強まり、高値で取引された。本年産の出荷が始まった8~12月のサンふじの平均単価は、両市場とも過去最高となった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から