トロ箱を解体する湊中の生徒たち

 青森県八戸市のJR陸奥湊駅前の再開発計画を進めるまちづくり会社「みちのくみなと未来」(駒井庄三郎社長)は、来年度新装オープン予定の市営魚菜小売市場の食堂に置く椅子を同市湊中学校の生徒らと一緒に製作している。新装後も昔ながらの陸奥湊を感じられる場所にしたい-との思いから、水産関係者が鮮魚を入れるために使う「トロ箱」を再利用し、ハマの雰囲気を演出した椅子に仕上げる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。