【写真右】全国高校駅伝男子でゴールする青森山田のアンカー近藤玲旺=たけびしスタジアム京都【同左】女子でゴールする青森山田のアンカー對馬千紘=同(共同)

 全国高校駅伝は26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着するコースで行われた。男女とも青森県代表の青森山田は、男子(7区間、42.195キロ)が19位、女子(5区間、21.0975キロ)が16位だった。男子を制したのは、2時間1分21秒で走破した世羅(広島)で、2年連続11度目の優勝。女子は仙台育英(宮城)が1時間7分16秒のタイムで、2年ぶり5度目の頂点に立った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から