日本臓器移植ネットワークによると、東日本の病院に低酸素性脳症で入院していた患者の脳死判定が26日までに行われた。摘出された臓器のうち、腎臓が八戸市立市民病院の50代男性患者に提供された。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から