馬場教授(奥)の講演を聴講する市民ら

 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館の本年度後期考古学講座が18日、開講した。「植物からみる縄文のくらし」がテーマで、来年2月まで計3回開かれる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から