バドミントン日本一を決める全日本総合選手権は25日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して各種目の予選が行われ、男子シングルスで昨年まで若手主体の日本B代表に選ばれていた大林拓真(早大)、男子ダブルスで後藤拓人、田中孝志朗組(浪岡高)らが勝ち上がり、26日からの本戦に進んだ。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から