今年8月に行われた今別町の「20歳を祝う会」。成人年齢引き下げを見据え、この会から名称を変更した

 民法改正で来年4月から成人年齢が18歳に引き下げられることに伴い、青森県内市町村が「成人式」の名称や対象年齢の今後の在り方を検討している。名称を変えることにしたのは現時点で9市町で、変更予定の市町村も複数ある。県内では25日から冬の成人式が始まったが、「成人式」の名称は本年度で一定程度、姿を消し、「20歳を祝う会」「成人を祝う会」などに変わる見通し。引き続き「成人式」とする市町村もあるが少数派になりそうだ。(2021年12月26日 東奥日報掲載記事)

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。