青森県六ケ所村の日本原燃・六ケ所再処理工場を巡り、市民団体「核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団」(代表・浅石紘爾弁護士)が事業変更許可などの取り消しを国に求めた訴訟の弁論が24日、青森地裁(鈴木義和裁判長)であった。原告側は、再処理工場に隣接するMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場の認可審査で事業者が行った耐震性評価の妥当性が疑われると指摘、再処理工場も想定している地震の揺れに耐えられない可能性があると訴えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から