【写真右】市側の質問に答える(前列右から)東電の宗常務と原電の木村副社長【同左】事業計画など五つの論点について東電と原電に質問する宮下市長=23日午後、むつ市

 青森県むつ市は23日、市役所本庁舎で、リサイクル燃料貯蔵(RFS、むつ市)が運営する使用済み核燃料中間貯蔵施設の「共用化案」など五つの論点について、親会社の東京電力ホールディングスと日本原子力発電の幹部に聞き取りを行った。市側と事業者側が現段階で「共用化案はない」との認識で一致した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から