歌会始の儀で初入選を喜ぶ高橋圭子さん

 来年1月18日に皇居・宮殿で開かれる「歌会始の儀」で、歌が詠み上げられる一般の入選者10人が決まり、宮内庁が24日付で発表した。青森県からは青森市在住で、県内の学校に勤める高橋圭子さん(60)=五所川原市出身=が選ばれた。県人の入選は13年ぶり8人目で、高橋さんは10回目の応募で初入選を果たした。東奥日報取材に対し「大変光栄なこと。歌会始への挑戦のきっかけを与えてくれた亡き父も、きっと喜んでくれると思う」と語る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。