大中型巻き網船が約1カ月ぶりに八戸港に水揚げしたサバ=23日午前7時49分、同港第1魚市場

 八戸港に23日、茨城県鹿島沖で操業した大中型巻き網船がサバ390トンを水揚げした。同港は今期、サバの記録的不漁に見舞われており、原料不足に苦しむ加工業者のため、地元船が鹿島沖での漁の後、約20時間かけて入港した。巻き網によるサバの水揚げは約1カ月ぶり。市場関係者によると、関東沖から運搬して水揚げするのは今回が初めてで「異例」という。引き合いの強まりから、高値で取引された。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から