女子10キロフリーを制し、笑顔で喜ぶ土屋正恵。五輪代表入りが確実となった=北海道音威子府村

 北京冬季五輪の代表選考を兼ねたクロスカントリースキーの全日本選手権は最終日の23日、北海道音威子府(おといねっぷ)村で女子フリー10キロを行い、土屋正恵(25)=弘果SRC=がライバルの児玉美希(25)=太平洋建設SC=との競り合いを制し、今年1月の全日本選手権に続く連覇を達成した。五輪選考基準の総合2位以内をクリアし初の五輪出場が確実となった。代表メンバーは来年1月中旬、正式に決まる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。