定置網船が八戸港に水揚げし「八戸前沖さば」にブランド認定されたサバ=22日午前6時44分、同港第2魚市場

 八戸前沖さばブランド推進協議会(横町俊明会長)は22日、サバ不漁で見合わせていた「八戸前沖さば」の今年のブランド認定を、今月10日に八戸港に水揚げした分から開始することを決めた。認定開始日は制度が始まった2007年以降、最も遅い。対象は定置網のサバのみで、水揚げは年明けごろまでの見込み。水揚げのほとんどを占める巻き網のサバが認定されないのは初めてで、細身の魚体が多いのが理由。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から