青森県日本海南側の洋上風力発電整備について意見を交わした、協議会の第2回会合

 洋上風力の有望区域に指定されている青森県の日本海南側について、発電施設を優先的に整備する「促進区域」指定に向け、国や県、地元自治体、漁業関係者らが意見を交わす法定協議会の第2回会合が22日、つがる市生涯学習交流センター「松の館」で開かれた。専門家が漁業や環境への影響などについて説明。地元漁業関係者からは「漁業者を議論の中心に」「地元と信頼関係を構築できる事業者の選定を」などの意見が挙がった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から