全校児童を前に、新調した衣装で踊る獅子舞クラブの児童たち=三輪小

 青森県五所川原市の浅井獅子踊保存会は、県無形民俗文化財の指定を受けている「浅井獅子踊」の衣装一組を約半世紀ぶりに新調した。同保存会会員や獅子踊を継承している地元の三輪小学校獅子舞クラブの子どもたちが16日、同小の全校児童を前に新しい衣装を着て、力強い踊りを披露した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から