三内丸山酵母で製造したワインの瓶詰め作業に取り組む八木橋社長(左)ら

 青森市の三内丸山遺跡で採取された酵母菌「三内丸山ユメカモス」を使って仕込んだワインの瓶詰めが22日、鶴田町の工房「ワノワイナリー」で行われた。24日から同工房で発売する。試飲した関係者は「縄文人が口にしていたかもしれない酵母。当時の縄文世界に思いをはせて味わって」と話している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から