青森県八戸市は21日、新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて保健所機能を強化するタイミングや必要な人員規模を定め、市の関係部局間で共有する「危機管理マニュアル」を策定したと発表した。1日当たり陽性者数や療養者数など五つの指標に応じ、5段階で保健所職員の増員を図るほか、相談対応や疫学調査、健康観察など感染症関連業務を六つの班で分担し、作業の効率化を目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から