参与(奥)から早期解決を求める厳しい意見が上がった県農協中央会の理事会

 青森県農協中央会は21日、内紛により全役員が空席となっている問題に関し、青森市の県農協会館で臨時理事会を開いた。公開で行われた協議の席上、参与として出席した農協関係団体の代表からは「早急に決めてほしい」「本当に恥ずかしい」などと厳しい声が相次いだ。また、農林水産省が10月に行った定例の検査結果で、役員空席が「定款違反状態である」との指摘がなされたことも報告された。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から