北海道・東北の太平洋沿岸部で甚大な被害が想定される日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震を巡り、内閣府は21日、冬の深夜に発生した場合、青森県で4万1千人が死亡する恐れがあるとの試算を公表した。青森県を含む7道県の死者数合計は19万9千人と推計し、いずれも大半は津波が原因と指摘。建物全壊は22万棟(青森県6万5千棟)、経済被害は全国で31兆3千億円に及ぶ。一方で避難意識の改善や津波避難タワーの整備が進めば死者数を8割減少できるとも分析し、二之湯智防災担当相は記者会見で「起こり得る事象を冷静に受け止め、正しく恐れることが重要」と強調した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。