女子スプリントで2位となり、五輪出場権獲得に向けて上々のスタートを切った土屋=音威子府クロスカントリーコース
男子スプリントで、6位入賞した蛯名=音威子府クロスカントリーコース

 北京五輪の代表選考を兼ねたクロスカントリースキーの全日本選手権が21日、北海道音威子府村で開幕し、初日は男女スプリント(1.7キロクラシカル)を行った。青森県勢は、初の五輪切符獲得を狙う土屋正恵(弘果SRC)が1位と3秒20差の2位に入り、上々の滑り出し。男子は蛯名貴徳(野辺地高出、自衛隊体育学校)が6位に入賞した。最終日の23日に行われる女子10キロフリー、男子15キロフリーでそれぞれ2位以内に入れば、五輪出場が近づく。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。