北京五輪の代表選考を兼ねた全日本クロスカントリースキー音威子府(おといねっぷ)大会が21日、北海道音威子府村で開幕する。青森県勢は、昨季の全日本選手権10キロフリーで優勝した土屋正恵(弘果SRC)を筆頭に、前哨戦の「白滝北大雪クロスカントリースキー大会」10キロクラシカルを制した蛯名貴徳(野辺地高出、自衛隊体育学校)、全日本大会入賞常連の開坂優(弘果SRC)らがエントリー。土屋らが最終日(23日)の10キロフリーで2位以内に入れば、五輪出場に近づく。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から