青森県三沢市は20日、耐震診断で倒壊危険性が高いとされ廃止する市総合体育館(同市桜町1丁目、1976年春開館)の閉館時期について、従来の「2021年度末」から「22年度内」に後ろ倒しすることを明らかにした。新型コロナウイルスワクチン集団接種会場の市国際交流スポーツセンター(同市南山1丁目、17年10月開館)メインアリーナがワクチン3回目接種に伴い、22年度も利用制限が必要となるため。現時点で具体的な閉館時期は未定。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から