バイアスロンのワールドカップ(W杯)は18日、フランスのルグランボルナンで行われ、いずれも自衛隊所属の日本勢は、女子10キロ追い抜きで立崎芙由子が21位だった。男子12.5キロ追い抜きは、尾崎光輔が44位、枋木(こぼのき)司(野辺地高出)が53位。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から