中里高の校内で営業を続けてきた売店。パンは半額で提供する日もある=15日、中泊町の中里高校

 来年3月末で閉校する青森県中泊町の中里高校(白濱卯校長)の校内に、昼休みの10分間限定で営業する売店がある。約40年にわたって町内の店舗が販売を担当。手作りの弁当や総菜が生徒たちの胃袋を満たしてきた。閉校が迫り、営業日も残りわずか。「食事で生徒たちに笑顔を届けたい」との思いで来年1月末まで店を開ける。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。