青森県でも影響が出ている給湯器不足。各メーカーは凍結しやすい冬季の注意喚起に奔走している(写真はノーリツのHPより)

 新型コロナ禍の影響で海外からの部品調達などが遅れて給湯器の生産が滞り、冬本番の青森県でも一部の商品が品薄になっている。生産態勢が通常に戻る見通しは立たず、メーカー側は冬季の利用で注意するべき事項をウェブサイトに掲載するなど、故障を防ぐための対策を呼び掛けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。