青森県は17日、冬の誘客対策の一環として、来年1月にJR東京駅で大規模なプロモーション「青森縄文ミュージアム」を催すと発表した。同駅構内のデジタルサイネージ(電子看板)を活用するほか、各所に「土偶ねぷた」を飾るなどして、世界文化遺産となった遺跡群をPR。併せて冬の青森県観光の魅力を発信する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から