バドミントンの世界選手権第5日は16日、スペインのウエルバで各種目の3回戦が行われ、ダブルスの女子で3連覇を目指す永原和可那=青森山田出、松本麻佑組(北都銀行)が香港ペアを2-0で下し、タイのペアを退けた志田千陽=青森山田出、松山奈未組(再春館製薬所)とともに準々決勝に進んだ。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から