「これから始まります」。再スタートを切った田中耕一さん
照明・音響器具やカメラ、ステージなどが設置されたライブハウスのこけら落とし=青森市本町の「らいぶすてぇじジパング」

 青森市本町で44年営業を続ける洋食居酒屋が今秋、音楽やトークイベントもできるライブハウスに生まれ変わった。新型コロナウイルスの影響で売り上げが大幅減になる中、経営者の田中耕一さん(74)が取った選択は「店を閉じるより、今まで自分がやってきたことを生かせばいい」。11月末にこけら落としのステージを見届けた田中さんは、「ホッとすると同時に新たな出発ができてうれしい」と前を見据える。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。