13日に亡くなった青森西高校女子バレー部の木村大地監督(左)。生徒に慕われた熱血漢は、教え子の春の高校バレーでの躍動を楽しみにしていた=10月1日、青森市

 来年1月の全日本バレーボール高校選手権(春の高校バレー)に青森県女子代表として出場する青森西高校の木村大地監督が13日、亡くなった。享年46歳。人望厚い「熱血漢」の突然の訃報に、学校関係者から悼む声が相次いだ。「大地先生は自分たちの心の中にいる」。大会本番まで1カ月を切った今、教え子は恩返しを誓い、練習に励む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。