三沢市の市街地にごう音を響かせてデモフライトを行うF16(2019年8月撮影)

 米軍三沢基地は14日、F16戦闘機1機が15日に25分ずつ2回、デモフライト(曲技飛行)訓練を実施すると三沢防衛事務所に伝えた。連絡を受けた県や三沢市、東北町は14日、「危険」「ごう音が響き市民に不安や苦痛を与える」などとして、米軍三沢基地司令官と東北防衛局長に訓練中止を要請した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。