JURI展初日は佐藤さんが大胆にアレンジした着物姿で訪れる人々を出迎えた

 青森県弘前市鍛冶町の雑居ビル1階、シックな内装の空き店舗内に、鉛筆で描いた女性たちの肖像画を集めた「JURI展」が13日から始まった。いずれも「スナックの顔」と言えるママたちを、駅前で自身もスナックを経営する佐藤樹里さんが「新型コロナで苦境にある街を盛り上げたい」という思いを込め描いた。1年越しの準備を経てさまざまな縁で実現した展示は入場無料、18日まで。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。