パドルをこぎ、カヌーで津軽海峡を渡る北さん(本人提供)

 青森県弘前市の北武さん(75)=北海道新十津川町出身=が、60代から始めたカヌーでの津軽海峡横断に挑戦し続けている。今年8月には、3度目の海峡横断に成功した。「縄文時代に、アイヌの人々は津軽海峡を丸木船で渡ったのではないか」と北さん。「カヌーで海にこぎだすと、当時の人々の息遣いを感じられるような気がする」と、カヌーの魅力を語る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。