八戸市水産事務所は14日、11月の八戸港水揚げ実績をまとめた。数量は前年同月比62%減の3697トン、金額は63%減の7億6030万円で、いずれも11月としては過去10年で最低だった。しけで操業日数が限られたことなどから、巻き網やイカ釣り、機船底引き網といった主力漁法がいずれも不振で、数量・金額ともに大きく減少した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から