事業計画書の作り方などを紹介する平川代表

 青森県は、中小企業の新事業展開などを支援する官民のサポート会議を設置した。国が昨年度新設した事業再構築補助金の採択件数を増やしていくことが目的の一つ。13日に県庁で開かれた第1回会議では、同補助金に採択された「ヒラカワ事務器」(つがる市)の平川新介代表が、申請に向けての事業計画書の作り方などを紹介した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から