仙台市で見つかった会津藩士への弔辞6通
会津藩士への弔辞を自宅で発見した藩士子孫の小池純一さん=7月、仙台市

 150年前の戊辰(ぼしん)戦争で犠牲になった会津藩士の遺族らが、戦争から22年後に移住先の青森県むつ市で営んだ法要で読み上げたとみられる弔辞6通が、仙台市の藩士子孫宅から見つかった。下北地域では会津藩士への明治期の弔辞はこれまで見つかっていなかった。専門家は「朝敵の汚名を着せられ、一刻も早く名誉を回復したい会津出身者の思いが伝わる貴重な史料だ」としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)